グルコサミンで関節痛を和らげる

効能・効果

『グルコサミン』はメディアでもよく取り上げられていて、知っている人も多いでしょう。グルコサミンは糖とアミノ酸が結合したアミノ糖の一種で、軟骨の構造に重要なグリコサミノグリカン(糖タンパク質やヒアルロン酸など)の産生を刺激する働きがあり、軟骨がすり減っても再生を促して劣化するのをくい止める役割をしています。このように、関節の修理をしてくれるとても大切な成分です。

高齢化が進む日本では、変形性関節炎などで苦しんでいる人が大勢います。変形性関節炎とは、関節の骨の端にある軟骨がすりきれて劣化してしまい関節が変形することで、曲げたり伸ばしたり、動かしにくくなる病気です。軟骨は関節が動く際に衝撃を吸収するクッションの働きをしているため、それも失われてしまい、結果、痛みが伴います。この変形性関節炎の原因は、人が歳を重ねるに連れ体内でのグルコサミンの合成が低下してくるためだと考えられています。

グルコサミンは動物性のムコ多糖類に含まれている自然の食品成分で、カニやエビなどの殻のキチン質に多く含まれています。そして、このような食品を使用したグルコサミンの摂取の臨床実験をおこなった結果、非ステロイド抗炎症薬と比べて、グルコサミンのほうが変形性関節炎の炎症や痛みを抑えるのに有効であることが示されました。また、電子顕微鏡を使用した研究では、劣化してザラザラだった患者さんの軟骨の表面が、グルコサミンの摂取によって滑らかになることが確認されていて、壊れた軟骨の再生にも効果を発揮するのではないかと考えられています。

グルコサミンの摂取にあたって副作用については、胃の不快感や下痢といった消化器官の症状がでることがあります。甲殻類に含まれる成分ですが、アレルギーは報告されていません。しかし、心配な人は摂取を控えたほうがよいでしょう。

飲み方

サプリメントには、粒やカプセルタイプの種類があります。長期間の摂取と、同時にコンドロイチンの摂取がより効果的とされています。

こんな人にオススメ!

  • 変形性関節炎の予防
  • 膝痛
  • 腰痛
  • 膝や肘が曲げにくい


グルコサミン&コンドロイチン(360粒)

グルコサミンで関節痛を和らげる」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 加齢が原因と診断されたひざ痛、腰痛に「塗るグルコサミン キダDX」の使用感、口コミ | 実際に試してみた効果(レビュー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です